木型や金型で世界に羽ばたく試作品や製品作り〜グローバル作り〜

実施者

モノ作りの基礎

資材

世の中には、様々な金属製品があります。普段は気にしないかもしれませんが、自動車や、オフィスの鋼製家具などは、多くの鋼材が使われています。特に、自動車などには、鋼材を一次加工、二次加工したものが多く使用されています。具体的には、一定のサイズに裁断された鉄板などに、金型や木型を使ってプレスをかけて多くの試作部品や製品を作っています。プレスの課程で使われる金型には、実は大変高い技術が使われています。ものづくり大国などと日本はよばれていますが、このような部品加工の現場において金型のようなものから高い技術をもっていることも見落としていてはいけません。自動車企業や、重工業企業にばかり目がいきがちですが、部品の精度の高さも相まって、日本の製品の故障率の低さに繋がっているのです。部品メーカーを始めとする、金型の供給メーカーが日本のモノ作りを支えているという認識はみんなが持っているべきだと考えます。金型のようにものづくりの現場で欠かせないもので、立体抜型というものがあります。この立体抜型というものは、プラスチックのパッケージなどで使われるものです。立体抜型なしには、世の中に溢れるパッケージは成り立ちません。立体抜型を使用することで、市場に溢れる刃物のパッケージができあがります。
木型や金型、抜型などの型を利用することでいろいろな試作品や製品を作ることが可能になります。これらの金型はとても精密な部品を作りだすことも可能です。そのためにもしっかりとした設計が必要になってきます。

依頼先の選択

作業者

依頼するときは、現場を見学することが大切です。大切な製品を作るのでそれらをうまく作ってもらうためにも現場を見ておくことは非常に大切です。注文依頼をするときは見ておきましょう。

View Detail

型の作り方

資材

モノ作りの現場では、設計図をデータ化し、金型や抜型、木型を作ることができます。これらはCADというソフトウェアで設計することができ、加工をするときに役に立ちます。金型はとても大切になるので精密な設計が必要なのです。

View Detail

型の注文や流れ

作業員

モノ作り全般に言えることですが、人の工程をなくしていくことで、ヒューマンエラーを起こさないような流れになっています。この流れには、賛否両論ありますが、顧客側としては大変歓迎すべき技術です。

View Detail